触るグリフ (製品の特徴と利用説明)

 

 

触るグリフ 「日本語の仮名と短文と漢字シート」と「英語綴り(スペル)シート」の特徴と利用方法を解説した動画になります。また利用の風景動画や、最後に宣伝のお願いもお話させていただきます。

 

日本語の仮名と短文と漢字シート(特徴と利用方法)

 

日本語シートの特性と利用方法について解説します。実施前から2週間ごとに評価しながら、8週間かけて一通りの学習を行います。使い方はシンプルで「見ながら触れて音読する」を繰り返すだけなので、教材を利用して自宅でも実施できます。

 

英語綴り(スペル)シート(特徴と利用方法)

 

英語綴り(スペル)シートの特性と利用方法について解説します。実施前から2週間ごとに評価しながら、7週間かけて一通りの学習を行います。使い方はシンプルで、WEB上の音源を聴いた跡で「見ながら触れて音読する」を繰り返すだけなので、教材を利用して自宅でも実施できます。

 

触るグリフ実施の様子(旧バージョン)

 

奥様撮影で、ご本人同意の上で実施の風景を公開していただきました。「見ながら触れて音読する」実施の風景が分かりやすいかと思います。また、実施前の音読評価では逐次読みが残り、ディスレクシアの逐次読みの貴重な資料でもあります。(教材は旧バージョンなので、現在のものとは異なります)

 

宣伝のご協力について

 

最後に、ご協力のお願いになります。明らかな変化が見られた場合や、変化が見られはじめた場合は、#触るグリフをつけて、前後の変化や実施の様子など、ツイッターやインスタグラムなどで発信していただければ、とても嬉しいです。触るグリフは個人で営んでいるので、広告宣伝費を全くかけていません。利用者様の口コミで少しずつ広がればと考えています。よろしくおねがいします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加