日本人の英語ディスレクシア|ディスレクシアの英語学習について

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

【記事執筆者】

サワルグリフ代表  言語聴覚士 宮崎圭佑

学習障害(ディスレクシア,算数障害) への触覚学習利用を専門としています。【経歴】京都大学大学院 人間健康科学系専攻 脳機能リハビリテーション科学分野卒業,一般医療機関,京都大学医学部付属病院 精神科診療部を経てサワルグリフ開業 


 

英語のディスレクシア

 

ディスレクシアの方にとって、英語学習は  もっとも苦手な課題 として知られています。日本語の読み書きに問題がなくても、英語学習で問題が現れるケースは少なくはありません。

英語学習が始まると顕在化するディスレクシアを「隠れディスレクシア」と呼ぶこともあります。

 

・他の科目に比べて、著しく英語が苦手である。
・単語を覚えてもすぐに忘れる。綴りを覚えられない。
・英語の長文をいくら努力してもスラスラ読めない
・英語の長文を読んでいると頭がとても疲れる
・長い単語、似た単語同士などを見ていると、綴りが混乱する
・全体的に文量の多い英語文がボヤけて見える。
・いくら英単語を覚えてもスペルミスがある

 

内容は、動画「日本人の英語ディスレクシアは存在するのか?」にまとめています。

 

この「ディスレクシアの英語学習の難しさ」と、英語学習がはじまると顕在化する「隠れディスレクシア」の問題は、「ディスレクシア特有の認知」と「英語自体の性質」の2つ原因から説明することが出来ます。

 

ディスレクシアが特に英語が苦手な理由

 

ディスレクシア傾向を持つ人達が英語学習に著しい困難を示す原因として、英語は日本語よりも頭の中で「読みの音」を処理する負担が大きいこと、があげられます。

日本語の「りんご」の場合は、「」「」「」という文字をそのまま並べて読めば良いだけですが、英語の「Apple」の場合は、アルファベットの読みとは別に、単語としての読みが紐付けられています。

このような文字と読みの対応関係が複雑な言語は、頭の中での「音の処理」が複雑で負担が大きく、ディスレクシア的な認知を持つ方にとっては、特に苦手な言語処理となります。

それを示すように、日本語圏ではディスレクシア人口割合は5%未満なのに対して、英語圏では15%前後と高い割合で読みを中心とするディスレクシアが報告されています。

 

ディスレクシア(読み書き障害)の脳機能について

 

以下の「ディスレクシアの認知と脳機能」については動画で詳しく解説しています。

 

ディスレクシアは脳の機能不全が原因と考えられています。文字と音を結びつける音韻処理能力と、目で見た文字列を単語として認識する視覚辞書の弱さだと考えられています。

脳機能イメージング研究では、音韻処理能力の弱さは左頭頂側頭部(縁上回)、視覚辞書の弱さは下後頭側頭回(紡錘状回)などの機能低下として報告されています。

文字を音と結びつける認知機能と、文字の並びをひとまとめの単語として拾う認知機能が弱いので、スムーズに読むことが難しくなります。

日本語よりも文字と音の対応が複雑な英語の場合は、よりハードルが上がります。

 

触覚を利用した英語ディスレクシア専用教材

 

当教室では、日本人の英語ディスレクシアに対して、フォニックスに対応した英語綴りパターンで学ぶ触読版シートを販売しています。

触覚学習で、アルファベット文字の形(カタチ)と、単語の綴りのパターン記憶を形成することで、読み書きの負担を減らします。頭の中で形成された綴りのパターンを組み合わせると、単語が覚えやすく、また英文が読みやすくなります。

 

 

 

触るグリフの利用と、英語ディスレクシアの相談について

代表 宮崎 圭佑 【資格・学位】 言語聴覚士免許 (国家資格) 修士号 (京都大学)  【経歴】京都大学大学院 人間健康科学系専攻 脳機能リハビリテーション科学分野卒業, 京都大学 医学部付属病院 勤務を経てサワルグリフ開業

日本人は英語学習に苦手意識を持つ人が多いので、ただの「苦手意識」とディスレクシアが引き起こす「障害」の境界線は曖昧です。英語に対する困難が気になる場合は、お気軽にご相談ください。

 

 

・読み書き障害の相談

・利用の適用になるか知りたい

・使い方や効果を知りたい

・クリニックや教室に導入したい

・研究などで利用したい

・取材のお申し込み

 

お電話でのご相談

電話可能な時間は、月曜〜木曜の10時〜17時までとなります。

(この時間内の場合は、お電話の方が助かります)

 

メールフォームでのご相談

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加