ディスレクシア(読字障害・難読症)の原因と「脳」について

この記事の内容は上の動画にまとめています。

ディスレクシア(難読症・読字障害)とは、文字を読むことに難しさをもつ学習困難の状態をあらわします。

2013年に改定された米国精神医学会の診断基準(DSM-5)では、学習障害のなかで文字を読むことに限定した特徴的な症状を示すタイプの障害とされています。

視覚や聴覚に障害がなく、全般的な知能にも問題が無いのに、学校や家庭で文字を読むことに難しさを持つのがディスレクシアです。

世界人口の5〜15%が、何らかのディスレクシアの症状を示すと言われています。文字と音の対応がシンプルな日本語圏では5%未満なのに対して、文字と音の対応が複雑な英語圏などは10%〜15%ほどのディスレクシア人口を抱えています。言語ごとにディスレクシア人口比が異なるのは、ディスレクシアの原因となる2つの認知機能が関係しているからです。

近年の脳科学研究では、ディスレクシア特有の認知が報告されています。ディスレクシアの原因は文字と音を結びつける音韻処理(デコーディング)能力と、文字列を単語として認識する視覚辞書の弱さにあると考えられています。

 

脳活動から分かるディスレクシアの原因

 

ディスレクシアは文字の「読み(音)」と「綴り」に関わる脳活動の弱さが特徴的です。

この「音韻処理能力」と「視覚辞書」の弱さの背景にはディスレクシアの脳機能の問題があります。

fMRI(脳機能イメージング)でディスレクシアの脳を調べた研究報告では、この音韻処理に関わる「左頭頂側頭部(縁上回、下頭頂小葉)」の活動の弱さと、視覚辞書に関わる「左下後頭側頭回(紡錘上回など)」の活動の弱さが報告されています。

また、2つの機能の弱さを補う為か、下前頭回の特徴的な活動増加パターンも報告されています。

 

音韻処理の弱さ(頭の中で音をイメージする能力)

「音韻処理能力」とは文字を音に分解して頭の中で表象する機能のことです。私達が「ぶた」⇒「たぬき」⇒「きりん」など、シリトリができるのも、単語の語頭と語尾の「音」を頭の中で思い浮かべて引き出せるからです。ディスレクシアの人ではこれらの能力が弱いのが特徴です。

視覚辞書の弱さ(文字の形と綴りの視覚認知)

「視覚辞書」とは私達は文字を習い始めた当初は、1文字ずつ逐次読みですが、慣れてくると文字のあつまりを単語としてズムーズに認識することができます。文字の集まり情報が、単語として認識されているからです。ディスレクシアの人はこれらの機能が弱いのが特徴です。

ディスレクシアの文字認知メカニズム

ディスレクシアの文字認知メカニズムの問題を、私達が「おおさんしょうお」という文字を読む場合を例に説明したいと思います。まず文字を習い始めた人(小学校1年生)などは、非語経路で文字を1文字ずつ読みます。

お、お、さ、ん、し、ょ、う、お」と逐次読みします。

そして時を読むことに慣れてくると、語彙経路を使って読むようになります。文字列を単語として視覚辞書とで合することで「おおさんしょうお」という言葉を文の中に見つけることができます。

自然と大きくて黒い生物のイメージが頭の中に浮かんで来ます。

これが語彙経路(視覚辞書)を介して意味システムが働くということです。

同時に音韻出力辞書からあ聞き覚えのある「おおさんしょうお」という音が引っ張り出されてくるのです。

一文字ずつ読むのとは異なる連続した音の連なりが浮かぶのです。

 

以上をまとめますと、私達は①文の中にある見覚えのある単語を見つける(視覚辞書)、②そのイメージを浮かべてる(意味システム)、③それに呼応する聞き覚えのある読み方(音)を引き出す。

という①⇒②⇒③のプロセスで文章を読んでいるのです。つまり文字を読むことに慣れえいる私達は、文を読む時に文字を読んでいないのです。

しかし、ディスレクシアの場合は、視た単語を自動的に検出する「視覚辞書」と、ズムーズに文字や単語の読み(音)を引き出す「音韻処理能力」が弱いので、意識的に文字に注意を向けて、なんとか文字‐音韻変換で「お、お、さ、ん、し、ょ、う、お」と逐次読みするのです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加