大人の軽度ディスレクシア(難読症・読字障害)について

 

日本では 大人のディスレクシア(難読症・読字障害) に関してはハッキリとした調査はありません。

しかし、子供の頃からの「読み」の苦手さを大人になっても残したまま、生活・仕事をしている大人の(軽度)ディスレクシアの方が一定数いると考えられています。

ディスレクシアは、全世界の5%〜15%ほどが何らかのディスレクシア症状を持つと言われています。

日本の文部科学省(2012年)の調査ではでは、通常の学級に在籍している子供の2.4%が知的水準には問題はなくても、読み書きの問題でつまずいている事が報告されています。

別の調査(安藤,2002)では、低学年では3%ですが、読み書きの課題が難しくなる6年生では20%の児童が十分な読み書きの能力を持たずに卒業していることが報告されています。

日本語圏のディスレクシアの場合、英語圏のディスレクシアとは異なり、仮名(カナ)が比較的、音と文字の対応関係が規則的な言語なので、「ひらがな」「カタカナ」程度は読めるようになります。文字の読み書きに対する難しさが隠れたカタチで続いている可能性があります。

 

大人の軽度ディスレクシアの背景

大人の(軽度)ディスレクシア状態の人では、子供時代に仮名や漢字の苦手意識があっても、工夫しながら何とか読み書きができるようにったケースが多いと思います。

ですが、脳の性質として持っている文章を読むことの認知的な弱さは、残したまま大人になっていると考えられます。

この「認知的な弱さ」がハンディとして残るので、短く簡単な文章を読むことには問題ありませんが、「複雑な文字情報の理解」と「英語学習」などは、とても苦手です。青年期以降では「学業」「仕事」「生活」など、軽度ディスレクシア症状としてあらゆる場面で現れます。

 

複雑な文字情報の読字困難

学年が進むにつれて、勉強の読解難度が上がっていきます。長く複雑な文章の読みの問題がネックとなり受験や単位取得に支障が出るケースが増えてきます。また、仕事や生活での書類手続での文章は複雑です。彼らには大きな負担となります。

 

・高校、大学受験になり「読み」の苦手さを意識しはじめた。
・役所の手続き説明書などを読んでも、文字が多くて複雑で理解できない。
・仕事でメールを読んだり書いたりするのが著しく苦手である
・学業や仕事での「読み間違い」「書き間違い」が多い
・長く複雑な文章を読むのが苦手で疲れる
・長く複雑な文章を書くのが苦手である。

 

英語学習の難しさ

ディスレクシア傾向の認知的な弱さを持つ人の「英語学習」はとても難しいケースが多いことが知られています。

その理由は「日本語と英語の言語の性質の違い」と「英語が外国語であること」の2つの要因があげられます。

・他の科目に比べて、著しく英語が苦手である。
・英語の長文をいくら努力してもスラスラ読めない
・英語の長文を読んでいると頭がとても疲れる
・長い単語、似た単語同士などを見ていると、綴りが混乱する
・全体的に文量の多い英語文がボヤけて見える。
・いくら覚えても英単語の書き間違いがある

英語学習が難しい理由として、ディスレクシアの人が苦手とする音の処理(音韻処理)の負担が母語である日本語の読み書きより遥かに大きいことが上げられます。潜在的な認知の弱さをもつ彼らには大きなハードルとなります。(さらに詳しく⇒英語ディスレクシアについて)

 

ディスレクシアの脳機能と認知メカニズム

ディスレクシア(難読症・読字障害)の原因は、頭の中で文字と音を紐付ける「音韻処理能力」の弱さ。

文字列を単語として認知する「視覚辞書」の弱さが考えられています。下の動画で詳しく解説しています

 

 

この「音韻処理能力」と「視覚辞書」の弱さの背景にはディスレクシアの脳機能の問題があります。

fMRI(脳機能イメージング)でディスレクシアの脳を調べた研究報告では、音韻処理に関わる「左頭頂側頭部(縁上回、下頭頂小葉)」の活動の弱さと、視覚辞書に関わる「左下後頭側頭回(紡錘上回など)」の活動の弱さが報告されています。

また、2つの機能の弱さを補う為か、下前頭回の特徴的な活動増加パターンも報告されています。

 

音韻処理の弱さ(頭の中で音をイメージする能力)

「音韻処理能力」とは文字を音に分解して頭の中で表象する機能のことです。私達が「ぶた」⇒「たぬき」⇒「きりん」など、シリトリができるのも、単語の語頭と語尾の「音」を頭の中で思い浮かべて引き出せるからです。ディスレクシアの人ではこれらの能力が弱いのが特徴です。

視覚辞書の弱さ(文字の形と綴りの視覚認知)

「視覚辞書」とは私達は文字を習い始めた当初は、1文字ずつ逐次読みですが、慣れてくると文字のあつまりを単語としてズムーズに認識することができます。文字の集まり情報が、単語として認識されているからです。ディスレクシアの人はこれらの機能が弱いのが特徴です。

ディスレクシアの文字認知メカニズム

ディスレクシアの文字認知メカニズムの問題を、私達が「おおさんしょうお」という文字を読む場合を例に説明したいと思います。

まず文字を習い始めた人(小学校1年生)などは、非語経路で文字を1文字ずつ読みます。「お、お、さ、ん、し、ょ、う、お」と逐次読みします。

そして時を読むことに慣れてくると、語彙経路を使って読むようになります。文字列をひとまとまりの単語として視覚辞書とで合することで「おおさんしょうお」という言葉を文の中に見つけることができます。

自然と大きくて黒い生物のイメージが頭の中に浮かんで来ます。これが語彙経路(視覚辞書)を介して意味システムが働くということです。同時に音韻出力辞書からあ聞き覚えのある「おおさんしょうお」という音が引っ張り出されてくるのです。

一文字ずつ読むのとは異なる連続した音の連なりが浮かぶのです。

 

以上をまとめますと、私達は①文の中にある見覚えのある単語を見つける(視覚辞書)、②そのイメージを浮かべてる(意味システム)、③それに呼応する聞き覚えのある読み方(音)を引き出す。という①⇒②⇒③のプロセスで文章を読んでいるのです。

つまり文字を読むことに慣れえいる私達は、文を読む時に文字を読んでいないのです。

しかし、ディスレクシアの場合は、視た単語を自動的に検出する「視覚辞書」と、ズムーズに文字や単語の読み(音)を引き出す「音韻処理能力」が弱いので、意識的に文字に注意を向けて、なんとか文字‐音韻変換で「お、お、さ、ん、し、ょ、う、お」と逐次読みするのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加