指導の流れ

 

 

定期モニタリング検査による効果測定

ご家庭でも継続できる課題

終了も継続もクライエント(相談者)が自己決定できる事

の3つを心がけています

 

ディスレクシア・算数障害・英語綴りの学習プログラム

オンラインでの原因分析や指導をもとに、教材を利用して、ご自宅で訓練ができるプログラムとなります。ディスレクシアに対しては文字認知を促す訓練を行います。算数障害に対しては数概念のイメージ形成と操作を訓練します。

 

ディスレクシア・算数障害の訓練
訓練期間 1ヶ月 (終了後は、ご家庭で継続できるようにします)
対象年齢 児童(未就学〜中学生),成人(高校生〜社会人)
訓練法 触るグリフ、T式仮名音読訓練、
実施ペース 2週間に1回〜1ヶ月に1回
料金 1回8000円(50分),教材費12000円(3ヶ月分)
訓練の中心 ご家庭での課題学習
ゴール(目標) 読字認知の改善(ディスレクシア)

数概念の形成と四則演算の習得(算数障害)

 

プログラム実施の流れ

 

1回目:初回相談 (簡易アドバイス)

・現在困っている事、生育歴のヒアリング

・ヒアリングを元にできる簡易なアドバイス

説明を聞いて訓練を依頼するかはクライエント(相談者)の自己決定に委ねます。

2回目:言語・認知機能検査

・読み書きや、算数の問題となる認知のボトルネックを検出分析します

・個別カルテ作成

3回目:検査結果の説明、教材利用の説明

・検査結果の説明と、訓練教材の利用法説明を行います

☆教材の自宅郵送

・訓練教材の凹凸文字盤など、訓練教材をご自宅に郵送します

4回目(以降):2週間に1回ペース

・2週間に1回のペースで改善効果の検査モニタリングを行います

・新しい訓練課題の指導を行います

・3ヶ月を目処に訓練の継続と修了を検討します

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加